PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at
なぜか来る機会が多い横浜。来る途中思わぬ方にお会いしたりで長い午前中でした。

今日は地方裁判所ではなく,家庭裁判所。地方裁判所と少し離れていますが,球場を見ないで帰るのが忍びないので,帰りにちょっと寄り道してしまいました。

何年か前、ある球団のミセリというピッチャーが滅多打ちにあい、リトルリーグのような球場だから打たれたと言い訳のネタにした横浜スタジアム。そんなに小さくないですよね。

横浜にいる人達に会いたかったのですが,この日は,この後が大変だったので,早々に退散しました。

横浜スタジアム20140916

  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 22:19Comments(0)離婚

2013年11月10日

身内の話の信用性

身内や友人の話は信用されないからと,裁判の利用に消極的になる方が多いです。

しかし,民事裁判では特に,ほかの証拠と相まってきちんと事実認定に利用してもらえることがあるので,あきらめてはいけないです。
特に離婚事件でそんなふうに思うことが多いですかね。


身内や友人で有利な話をしてくれそうな方がいたら,弁護士に聞いてみるといいと思います。
弁護士も,何も情報がないままだと,証拠にしようという選択もできないままになります。

ただ,それに耳を傾けてくれないと意味がないので,弁護士もお客様のお話に耳を傾けるという当たり前であり,意外と怠ってしまいがちな努力を忘れてはいけないと思ったりします。  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 01:51Comments(0)離婚
まず何よりも,離婚するか否かです。離婚することが決まって初めて以下のことを決める必要が生じます。

【未成年の子供がいる場合】
①親権者
②養育費
③面会交流権の内容
④財産分与
⑤④の話の一部ではありますが,年金分割
⑥どちらかに不法行為があれば,慰謝料

【未成年の子供がいない場合】
上記④から⑥のみ

大雑把に書きましたが,これを決めるということが分かって,頭に引出しができると人間少しは安心するものなのではないかと思って,まずこのような大雑把なお話をするようにしています。

細かいことはおいおい書かせていただこうと思います。
  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 02:26Comments(0)離婚

2012年11月10日

法律事務所をバックに

うちの事務所の周辺には,結婚式の二次会に使われる飲食店があります。
今の場所に独立することを決める段階で,近くにお店があると法律事務所に入るところを見られるのを嫌がるお客様もいるのではと,最初に思いかけたのですが,事務所の前に大きい植木スペースがあり,うまいこと法律事務所があるのは分かるけど入り口は分からない構造できました。

しかし,僕は構わないことなのですが,1つ問題があることに気づきました。

周辺の飲食店で結婚式の二次会を終えた後,植木スペース周辺で記念写真を撮る方達がおられます。
うちの事務所も写ります。事務所の中は全く分からないので,僕は本当に全く構わないし,思い出に残っていただければ嬉しいくらいなのですが,法律事務所をバックに結婚式の記念写真って気にしないのですかね。

僕は,結婚式の披露宴で,最近多い事件は何ですかと聞かれ,「離婚です」と答えて気まずい雰囲気にしてしまったことが2回あります。  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 20:19Comments(0)離婚

2012年10月08日

初めてのコーチング

初めてコーチングを受けました。

自分の望んでいることを明確にイメージしたり,それを人に話すことでコミュニケーションスキルを向上させたりと,1行で書くとありきたりで,いろいろなビジネス書に書いてありそうです。

しかし,本で読むのとコーチングという形式で受講するのとでは全く違いますね。野球でいうと,バットをどのようなフォームで振ればいいのか分かっていても,実際にバットを持ったときにそのとおり振れるわけではないし,バットを持ってみないと分からないことがたくさんあるのと同じ感じです。できれば,月1回くらい,このような訓練を数人で共有する時間があるべきなのかもしれないと思いました。

コーチングのことはあまり詳しくはないので,相場的なコーチングというものは知りませんが,おそらくいろいろなものがあるわけですよね。。なかなか簡単なことではないですが,さらに欲をいうと,いろいろなコーチングを受講すると,物事をいろいろな角度から見る術を身につけることができるのではないかという感想を持ちました。  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 16:38Comments(0)離婚
新たな恋愛は離婚しなければできないかは置いておいて,例えば市営住宅の申込み。
まだ離婚していない離婚調停中はできないのではないかというご相談をよくされます。調停中に住む場所をいかに確保するかが切実な悩みであることは多いです。

しかし,調停中で離婚に折り合いがついている旨の報告書を弁護士に書いてもらえば大丈夫なこともあります。
弁護士に相談してみるとよいと思います。

今日は,事務所の内外で仕事をした後,夜は事務所でラジオ収録でした。
5月14日(月)23時放送予定です。
宜しくお願いします。  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 23:06Comments(0)離婚
プロフィール
弁護士 堀越智也
弁護士 堀越智也
つくば中央法律事務所の弁護士堀越智也です。

債務整理(任意整理、破産、再生)、離婚、相続、不動産関係、中小企業及びベンチャー企業の法務及びコンサルティング、交通事故、損害賠償請求その他一般民事全般、著作権,刑事事件を主な業務としています。茨城県弁護士会所属。

筑波大学プラチナアソシエイト・アソシエイトプロフェッサー。

つくば市吾妻1-10-1つくばセンタービル1階。シェーキーズさんのお隣です。                                                    TEL029-896-3530
土日祝日随時相談可。
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人