PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at
ひたち野うしくにあるひたちの整形外科に,後遺障害診断書の作成のお手伝いに行きました。

交通事故の際に,後遺症を認めてもらうには,後遺障害診断書の作成が必要になります。その後遺障害診断書に何が書かてれいるかは,後遺症の有無の判断に重大な影響を与えることは,何となくわかる方が多いかもしれません。

問題は,どのように書いてあると後遺症が認められやすいかです。一般の方には分からないことが通常ですし,弁護士でも交通事故の案件に慣れていないと分からない人が多いです。

そんなこんなで,特に後遺症が認められるか微妙な事案では,病院に付き添うようにしています。

それにしても,ひたちの整形外科,きれいでかっこいい病院だなあ。こんな法律事務所にしてみたいけど,目立ちすぎてお客様が入りにくいかな。

http://www.hitachino-seikei.com/  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 02:41Comments(0)交通事故

2013年12月17日

今年の裁判の傾向

おそらく今,弁護士が一番多く相談を受けるのは離婚事件です。

自分はどうかというと,少なくとも今年は交通事故が多く,裁判になることも今までよりも圧倒的に多かった。
やはり茨城県は交通事故が多いのだと実感しました。

特に,「お釜を掘られる」とよく言いますが,停止している車の後ろに追突する事故が非常に多いです。

厄介なのが,直進と右折の事故で,信号の色の認識が双方食い違っている事故です。
折り合いがつかず,裁判になりやすい事故の態様の1つです。

通った裁判所で一番多かったのは,たぶんやはり土浦ですが,龍ヶ崎もかなり多く,さいたま各地の非常に多く,つくばエキスプレスを酷使した1年でした。

  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 01:11Comments(0)交通事故
交通事故の事件で,事故の後怪我などを理由に仕事を休むと,休業損害の請求ができます。

また,後遺障害が認定された場合に,以後仕事ができなくなったり,仕事効率が落ちることから,その損害を填補しようという概念が逸失利益です。

このように休業損害と逸失利益は,それぞれ扱われる場面が違うのですが,休業が少ない場合,逸失利益も通常よりも少なくされてしまうことがあります。そうすると,事故直後に頑張って休まずに仕事をすると,休業損害においても逸失利益においても,同じ怪我であるにもかかわらず損害賠償額が少なくなるという不公平が生じます。

ちょっと納得いかない結論です。
だからといって,事故直後に仕事頑張らないでくださいとも言い難い。  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 01:36Comments(0)交通事故

2012年07月18日

交通事故相談

土浦の合同庁舎で交通事故相談の担当でした。

だいたい年に1回くらいの割合で担当する相談ですが,過去2回とも地震に遭ってました。
古い合同庁舎の建物にいる時に限って・・・と思っていましたが,今日はセーフ。

昔はクーラーなんてなかったんだよねえと言いつつ,扇風機を回しながらの相談。懐かしかった。ロサンゼルスオリンピックの時は小学校3年の夏休みで,クーラーなどなく,窓を開け,扇風機を回してマウンテンデューを飲みながらテレビを見てたっけ。

昭和の夏はよかった。  

Posted by 弁護士 堀越智也 at 21:34Comments(0)交通事故
プロフィール
弁護士 堀越智也
弁護士 堀越智也
つくば中央法律事務所の弁護士堀越智也です。

債務整理(任意整理、破産、再生)、離婚、相続、不動産関係、中小企業及びベンチャー企業の法務及びコンサルティング、交通事故、損害賠償請求その他一般民事全般、著作権,刑事事件を主な業務としています。茨城県弁護士会所属。

筑波大学プラチナアソシエイト・アソシエイトプロフェッサー。

つくば市吾妻1-10-1つくばセンタービル1階。シェーキーズさんのお隣です。                                                    TEL029-896-3530
土日祝日随時相談可。
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人