PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at
ナビには従わず霞ヶ浦の南端を攻めよう^_^

行方のイルミネーションを見ようと思ったのですが、早い時間に終わってしまうのですね。また来よう^ ^

霞ヶ浦の南のナビ
  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 02:19Comments(0)刑事事件
毎年9月につくば青年会議所の定時総会が開催されます。
場所は,事務所があるつくばセンタービルの中のホテルオークラなので,歩いて1分で行けるのですが,なかなかこの時期忙しい上に,この間ブログに書きましたが刑事事件もかさんでおり,ほとんど参加できず,警察署を2件回り,電話を何件もかけて過ごしていました。

刑事事件は,このように警察署に行かなければならないために時間がかかるのですが,一度やると刑事事件をやらずして世の中のことや人生の重要部分が分からないのではないかと思ってしまい,避けることができません。

司法修習生の時に,次席検事が,自分も壁の向こうの世界にいてもおかしくないと思って刑事事件と接するとおっしゃっていたこと,今でも忘れないようにしています。
そうすると,人生っていろんな偶然でたまたまこうなっている部分がたくさんあることに気付き,感謝しなければいけない人がたくさんいることに気づいたりします。  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 22:51Comments(0)刑事事件

2014年09月13日

秋の北条

つくば中央警察署の次に行くことが多いのが,つくば北警察署。

つくば北警察署は,お米で有名な北条にあり,そこかしこに田んぼがあります。
もちろん警察署のお隣も田んぼです。
この田んぼの反対側には筑波山があり,秋の風に吹かれながら,稲の香りを満喫できます。

そんなこと思いながら,今,刑事事件を6件ほど抱えており,警察署を巡る休日になりそうです。
民事事件も併せると約150件ほど受任しているので,刑事事件の割合は低いのですが,警察署に行かなければ打合せができないので,刑事事件は何件もあるとかなりの負担になるのです。
僕はまだ体力を維持しているので,このくらいなら何とかなりますが,歳をとると大変かもしれません。

それに,お仕事をいただいていることに感謝しなければなりません。
秋の北条の癒しの風にも感謝です。

北条の秋2014
  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 19:49Comments(0)刑事事件

2014年01月14日

こだま

滅多に乗らない東海道新幹線こだま。
新横浜にある警察署に行ったのですが,つくばから新横浜に行くには新幹線を使わざるを得ないですね。初めて知りました。新横浜に横浜アリーナがあることも初めて知りました。成人式がそこで開催されていることも考慮しているはずもなく,駅から降りると二十歳の人々の逆流に逆らいながら前進するはめになりました。成人式の何とも言えない開放感,活気,喜び等が入り混じった空気に触れられたことは,予想外の収穫になりました。

というのも,僕は成人式の頃,成人式の大切さが全く分からず欠席してしまったのです。
昨日もそのことを後悔し,寂しく思いました。
けど,あのころ自分の能力の低さに悶々として過ごしていたな。

それが二十歳というものか。

こだま


  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 07:03Comments(0)刑事事件
「人生の春は何度もやってくる~努力すればなんくるない」という舞台,地元の先輩矢口けんいちさんの娘さんが子役をされていて,応援に行ってきました。

http://www3.ocn.ne.jp/~company/

沖縄出身で三味線を愛する前科13犯の方のお話です。
刑事事件で前科10犯くらいある方の事件はよく担当するので,この舞台を見て何かを得ることができていたらと思います。
自分の力で更生してもらえるなんて思っていませんが,自分が担当しとことによって1ミリもプラスになっていないのでは,寂しすぎます。

安田大サーカスのHIROさん,テレビで見るより人望がある感が意外でした。

そしてその娘さん,舞台前日に軟骨を骨折したそうです。けど,舞台でははきはきと元気で,なんだか尊敬してしまいました。


  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 02:53Comments(0)刑事事件

2012年12月28日

今年最後の裁判

前日もアルコールを過剰に補給することを強いられた夜でした。

過剰なアルコールは疲れた体を深い睡眠へと導くのに十分で,ガソリンを補給したかのように元気を取り戻した今日,民事1件,刑事1件裁判があり,今年の裁判が終了しました。

最後の事件は窃盗罪の認め事件です。
認め事件というのは,起訴された事実は認めている事件のことです。

よく,「なぜ悪いことをしたと分かっている人の弁護をするのですか。」と聞かれますが,同じ悪いことをした人でもそれぞれ情状が違うからです。例えば,生い立ちが違ったり,動機が違ったり,事件後に反省をしていたりしていなかったり。

弁護士が関わるのはたいていたった2ヶ月ほどに過ぎないのですが,少しでも再犯に至る可能性が減るように頑張らなければいけないと思います。時にはむなしく感じてしまうこともありますが,それでも諦めないでいたい。

それは,自分の職業の問題ではなくて,社会がそうあってほしいと思ってしまうのです。教育でも政治でも経済でも司法でも,人を見捨てないと思える社会が世界一住みやすい街の条件に思えます。

すいません。忘年会続きで飲んでばかりなのに偉そうなこと書きました。  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 03:34Comments(0)刑事事件
プロフィール
弁護士 堀越智也
弁護士 堀越智也
つくば中央法律事務所の弁護士堀越智也です。

債務整理(任意整理、破産、再生)、離婚、相続、不動産関係、中小企業及びベンチャー企業の法務及びコンサルティング、交通事故、損害賠償請求その他一般民事全般、著作権,刑事事件を主な業務としています。茨城県弁護士会所属。

筑波大学プラチナアソシエイト・アソシエイトプロフェッサー。

つくば市吾妻1-10-1つくばセンタービル1階。シェーキーズさんのお隣です。                                                    TEL029-896-3530
土日祝日随時相談可。
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人