PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at
地震の影響の前に,鹿嶋に霞ヶ浦の南を通っていく道がなかなか覚えられず,最近やっと地図を見ないで行けるようになった。今時ナビを使わず,しかも鹿嶋に行く時はたいてい夜であるせいまあったとは思う。

ただ,鹿嶋からの帰りはほぼ100%夜なので,なおさら覚えられずにいた。行きに曲がった所がどこなのかが分からない。真っ暗な田んぼや森を走っていると景色の変化がなかなか分からない。それに稲敷のあたりは新しい道ができていて,地図に載っていない道が現れたりする。

それがおととい初めて迷わずに帰ることができて,仕事を覚えた的な充実感。

やはりナビなしで仕事するなっていかんかな。ナビがあると道を覚えないと言われたのを鵜呑みにしたのですが。確かにナビを使わないと,頭の中で道の映像と上から見た地図を何度も何度も描くことになるから,記憶にはいいですが,道に迷って差し支えることも多かった気もする。

津波でコンテナが転がってきたと言われる鹿嶋を縦断する124号。突然の段差があるので,震災以前よりも20キロ近く減速して走っている車がほとんどでした。一時期交通事故日本一の街だったとは思えなかったですが,このまま安全運転が根付くといいです。  
タグ :鹿嶋

Posted by 弁護士 堀越智也 at 23:22Comments(0)つくば市
この機会に事務所で普段できないところを掃除しようと思っていると,とんでもない勢いで雹が降ってきた。事務所の駐車場には,知らない人が車で進入して来て避難。僕と目が合うと謝って出て行ってしまった。別に避難していてくれてよかったのですが,悪いことをしました。ごめんなさい。さっきの雹はつくばの一部は降ってなかったみたいですね。雹というものはそんなものなのでしょうか。

あとは,たまたま刑事事件が多く,遠くの警察署に行ったりして過ごします。毎年,鹿行地域に水が入るころの風景を楽しみにしているのだけど,今年も同じ景色を見ることができるのですかね。  
タグ :刑事事件

Posted by 弁護士 堀越智也 at 19:35Comments(0)弁護士
刑務所に行っている間,どのように過ごせば一番有益な時間を過ごすことができるだろう。この仕事をしていればよく考えることだけど,自分が好きな有名人が収監されてしまうことは珍しいことではないので,弁護士になる前にも切実に考えたことがある。

特に,スポーツ選手が1年や2年刑務所で過ごすとなると,選手生命に重大な影響を及ぼすことは間違いない。15年くらい前にマイクタイソンが収監されたときには,またスリリングな試合をして世界チャンピオンに戻れるのかと心配し,ボクシング雑誌を読み漁っていた。結局,マイクタイソンは復帰して世界チャンピオンに戻ることができた。しかし,刑務所に行かなければホリフィールドの耳をかじらずに済んだのではないかなど,後悔すればきりがないという羽目にはなっている。

堀江さんは,メルマガの更新は続けるし,本をたくさん読んで勉強するとは言っているが,どれだけのマイナスになるのかは誰にも分からない。こんなことにならないのが一番いいに決まっている。せっかくの才能なので,周りの人が守ってあげたかった。自業自得でもあるでしょうが。

出る杭は打たれるとか,出すぎた杭は打たれないというけど,出すぎた杭を応援しつつ,出る杭を守れるようになりたい。  
タグ :堀江社長

Posted by 弁護士 堀越智也 at 21:27Comments(0)弁護士

2011年04月24日

つくばのチャーハン

打ち合わせが長引いて,遅めの昼食に行ってました。

僕は,戸越銀座商店街の一角で隣がラーメン屋の家に生まれ育ったので,いつもチャーハンなどの中華料理の匂いを感じていた。そのせいかは分からないけど,そのお店のチャーハンに近い味でないと,チャーハンを食べた気にならない。

昔,「美味しんぼ」でチャーハンは強火を使いこなしてパラッとしていないといけない,強火を使いこなせずパラッとしたチャーハンを作れない男に娘を嫁にやれるかみたいな話があったが,パラッとしたチャーハン,そんなにいいものでしょうか。

僕は,安い中華料理屋でジャーから出したばかりのご飯で作ったちょっと水分が残ったチャーハンが一番好きです。子供のころなじみがあったチャーハンの味と匂いに近いからか,自分の好みだからかは分かりません。あと,卵が多くないとあの香ばしい匂いはしないみたいです。

つくばのごう屋というラーメン屋はラーメンも美味しいけど,チャーハンがそんな条件を充たしていてまた行こうと思える味でした。駅前で配っていたツクマガを見ていきました。ツクマガというのは,ホットペッパーみたいなものですかね。ただクーポンは付いてなかったな。

美味しいラーメン屋についてよく議論することはありますが,チャーハンの好みについて議論することはあまりない気がしますが,皆さんはどんなチャーハンがお好みでしょうか。

ところで今日は郡山出身の祖母の誕生日です。自分の故郷は戸越銀座なのか,福島なのか,特に決まりごとはないのですが,どちらの故郷をも遠きにありて思う今日この頃です。  

Posted by 弁護士 堀越智也 at 19:00Comments(0)つくば市
「ビールは大麦、ホップ、水のみを原料とすべし」と原料を定めた1516年に,ドイツのバイエルン公ヴィルヘルム4世が作った法律の施行記念日だそうです。

日本にはお酒に関する法律に酒税法等などがあるが,ビールに関する法律が硬いイメージのあるドイツで作られていたとは意外な感じがする。ネットで見ただけなので定かではないですが,世界で最初の食品に関する法律との情報もあります。といっても,ビールの定義を狭く定めるという十分硬い法律ですね。

つくばのドイツレストランでは,今日と明日は,生ビールが30%引きらしいです。最近お酒の話ばかりしていて大変恐縮ですが,法律の話だし,自粛自粛で困っている人達を目の当たりにしていたのでご容赦下さい。  
タグ :つくば法律

Posted by 弁護士 堀越智也 at 21:10Comments(0)弁護士

2011年04月22日

未病

東洋医学において、検査を受けても異常が見つからず病気と診断されないが、健康ともいえない状態をいい,体が冷えたりする状態だそうです。

春先になると,そんなに寒くないのに冬より体が冷えた感じになるので,何かいい方法はないかと思って。仕事していてもバリバリやってる感がなく,精神的にもマイナスになっていたこともあり。

ジョギングシューズを車の中に入れておいて,昼など時間がある時に5分ほど走ることにした。体が温まります。といっても,体が冷えていない人には汗かいて風をひく危険を生じさせるだけですかね。

それにしても,震災に関する法律問題の知識を共有できる土壌を作ってくださった先輩方に感謝ですし,水戸の先生には感服いたします。  
タグ :弁護士医学

Posted by 弁護士 堀越智也 at 23:09Comments(0)弁護士
今日は,水戸,土浦,つくばで仕事があり,いつものとおり一喜一憂していました。

水戸へは,桜土浦インターで常磐道にのり,水戸北スマートインターで降りるのだけど,小美玉あたりから,道路に亀裂が走っていたり,段差ができていた。2週間前にも同じ道を通ったけど,その時にはなかった亀裂や段差だと思う。勘違いでなければだけど,勘違いではないと思われる。だから余震でできたのではないでしょうか。

午後は土浦で,深く反省し,落ち込んだりしていた。まあそんなこと書いても仕方ないので・・・夕方は,今自分の中で一番前向きな仕事をした。

そんなわけで,社会人というか,人間,人に迷惑をかけてしまったり,助けられたりして,一喜一憂するけど,体が資本なので,車の運転に気をつけることは忘れずに今日を終えたい。常磐道を走る方は本当に気をつけてください。追い越し車線に突然亀裂や段差が現れます。  
タグ :弁護士

Posted by 弁護士 堀越智也 at 23:36Comments(0)つくば市

2011年04月20日

日本酒

仕事でどうしても日本酒を飲まなければならないことがあり,昨日はその日だったので,日本酒の話をしてしまいます。

常陸太田市は,茨城県の最北端の市になったみたいで,お隣は福島県。しかし,蔵元はなんとか大丈夫だったらしく,4月から商品を出荷できているようです。

福島に住み始めた時に,ちょうど福島県河沼郡会津坂下町の廣木酒造で作られている飛露喜が何かのランキングで全国1位になったらしく,みんなお土産に買ったり,友達と飲んだり,自分で飲んだりしていた。そのほか,同じく廣木酒造の泉川とか,宮城の一ノ蔵が人気でしたね。

東北は水がきれいだし,米がうまいので,日本酒がおいしいそうです。東北の蔵元の方が自粛しないでほしいということ,すごくよく分かります。ネットでもこれらのお酒は買えると思います。

ところで,4月23日はビール純粋令というドイツの法律ができた日で,ビールが安くなるお店があったりします。が,まずは東北の日本酒をお試しください。  
タグ :日本酒福島

Posted by 弁護士 堀越智也 at 23:08Comments(0)政治経済

2011年04月18日

原作を読みたい

昨日は,半強制的に家族にレ・ミゼラブルに連れて行かれたが,さすがに完成されていて素晴らしいものでした。

ただ,自分としては,映画やミュージカルを見ると,文字がたくさんあってそれに関する理解が一番できるやつ,すなわち原作が読みたくなる。やはり2時間や3時間では,物語の深い部分まで描くことはできず,ミュージカルだと演出を見せたいところもあるだろうから,そこに重点が置かれてしまう。だからこそのミュージカルだから,「しまう」と言われる筋合いはないのでしょうけど。

といいつつ,まだ司法試験の受験生の時に,牛久の図書館で原作を手に取り,10ページくらい読んで時間ができたらじっくり読もうと思ってそのままだったのでした。挫折したのではないと信じている(笑)

ミュージカルは,郡山で見た「ジーザスクライストスーパースター」以来だな。福島での生活は何か温かくてよかった。猪苗代湖'sの気持ちよく分かります。  

Posted by 弁護士 堀越智也 at 21:29Comments(0)小説
弁護士になるならレ・ミゼラブルを見なさいと周りの人に言われていたのにずっと見れずにいたが,やっと見に行けることになりました。

プロの方が真剣に作った作品なら,弁護士の仕事に限らず役に立つと僕は思っているけど,一応謙虚な姿勢で見てみます。こんな言い方をしている時点で謙虚ではないかもしれないですが。

そんなことより,電車がすごく寒い。全然節電なんかじゃないぞ。温度調節できないから仕方ないのでしょうかね。冷房を切ってしまうと今度は暑すぎるのかな。それにしても無駄に感じる冷房だなあ。  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 09:57Comments(0)弁護士

2011年04月17日

義援金の送り先

こうしてネットのページをめくっていると,ほとんどのページに義援金募集と出てくる。義援金に関しては,一体どこに送ろうかと悩んだけど,さすがにネットでの募集に応じるのは勇気がいるなあ。

義援金を募集している人の顔が見えて,どのように使われたのかを明らかにしてくれるところが信頼できると思うので,地元の信頼できる団体に託しました。

こうして書いている間にもFC2の義援金募集の広告が。  
タグ :義援金

Posted by 弁護士 堀越智也 at 01:11Comments(0)つくば市

2011年04月16日

政策の大転換を図れ

毎日新聞の社説。この社説を高く評価する人が多かったので,リツイート的に書いてみた。

なかなかここまで明確に原発を反対する記事,しかも社説はあまりなかったのではないですかね。

金曜の夜は,あまり読んでくれる人が少ない気がするので,今日はこの辺にしておきます。せっかくの飲み会を断って帰ってきたことですし。  
タグ :原発

Posted by 弁護士 堀越智也 at 00:34Comments(0)政治経済

2011年04月14日

イーアスの復活

イーアスが15日から復活するようですね。あれだけ大きいところが全開してないと,つくばもまだ震災中という印象を受けてしまうので,イーアスの復活はちょっと安心で明るい話だな。

福島県の郡山のショッピングモールも15日に復活するらしい。郡山の方と電話で話した時は,いつも通り生活できていると明るくしてくれたけど,僕に気を使ってくれたのかな。ご先祖様が福島だったり,司法修習が福島だったこともあって,福島の方の気質が分かるのでそんな気がしてしまう。

一日も早くひとつひとつのことが震災前に戻り,さらに人々が住みやすい日本に戻ってほしい。震災前もGDPで中国に抜かれたばかりだったことを忘れたくない。日々,いろんなことが悔しい。本当に気合い入れて頑張ろう。  

Posted by 弁護士 堀越智也 at 00:47Comments(0)つくば市

2011年04月12日

こんな夜に聴くべきは

震災後1か月が経つが、昨日も今日も強い余震があり、原発の不安も払拭されないまま。車を運転中のラジオで、「僕は震災後という言葉を使うの止めました。震災中ということにします。」と言っているラジオパーソナリティがいたほど。

そんな時に、夜事務所にいると、耳寂しく、音楽が聴きたくなる。どんな音楽がいいだろうと考えたが、クラシックよりはジャズが聴きたい。と言ってみたが、ジャズなんて全然詳しくないし、有名な人を挙げろと言われても一人も挙げられない。ルパンの曲くらいか。

しかし、便利な時代になったもので、「ジャズ 初心者」と検索すると、簡単に初心者向けの曲が分かった。多くの人が勧めているのが「マイルズデイヴィス」だそうです。いろいろ映像を探して見ていると、どこかで見たことあるなあと・・・思い出した。竹園ショッピングセンターの中にある竹園珈琲という喫茶店にどーんと貼ってあったポスターの人だ。あのお店でゆったりとしたジャズを聴いていると、喧騒を忘れられるんですよね。

そうこうしていると、なぜかT-SQAREのTRUTHに行き着き、アイルトン・セナのごぼう抜きのシーンが出てきてテンションが上がる。石原都知事が批判した遊びを思い出す人もいるかもしれないが。本田雅人のEWI(イウイ)の演奏は神ですね。なんか単純に元気が出た。

プロ野球が開幕して、スポーツの役割が期待されているけど、音楽の力も負けてないな、という結論でまとめてしまおう。今僕らが聴いている音楽は、一生忘れないかもしれないですよね。  

Posted by 弁護士 堀越智也 at 21:23Comments(0)音楽
公務員の方たちは、4月になると、外部の僕らにはなかなかさよならも言う機会もなく、どこかに行ってしまいますよね。

去年の秋に、さよならも言わずにどこかに行ってしまった白鷺。こんにちはも言わずに桜川に戻って来た。初めて車で通った人はびっくりするだろうな。そのうち追突事故でも起きるのではないだろうか。気をつけよう。

子供のころ、田んぼの脇の用水路で見たおたまじゃくしの大群を思い出す。真っ白と真っ黒という対照的な色なのに。  
タグ :公務員桜川

Posted by 弁護士 堀越智也 at 21:47Comments(0)つくば市

2011年04月10日

集会結社の自由

原発反対のデモが高円寺であったみたいですね。

その背景とか,細かいことは何も分からないので何もコメントできないけど,ネットで配信されていて,大勢の人がそれを見ていて,感動している人も結構多かったことは分かった。

もしかして,インターネットというものがなければ,このことを知らないまま時が過ぎていたのかもしれないと思ったりしながら。  

Posted by 弁護士 堀越智也 at 22:59Comments(0)政治経済
久しぶりにボーリングをした。

最初は、どうやって投げるんだっけと思いながら、漫然と投げる。次に、目線をどの辺に持っていけばいいのかを考えないといけないことに気付きながら投げる。リリースポイントにこだわって投げる。腕の振りを丁寧に意識して投げる。これらのことは、できて当然のことばかりで、そのうち意識しないでできるようになり、神にしか気付かないことのみを意識して投げる。プロになる。

一流への道を大雑把に、やや軽薄に示してみました。

ただ、そんなことを考える時間、勉強になった。ボーリングは、球を転がすという単純なゲームだからこそ、そんなことが思えるのでしょう。落合博満がプロボーラーを目指してボーリングも練習しておきながら、プロ野球選手になり三冠王になったこと、因果関係がないことはないのではないでしょうか。自分は弁護士の仕事でそんな理屈を活かしたい。

今日は、ボランティア活動で避難してきた方達とボーリングをしてきました。

自粛ムードも緩和されてきたみたいですね。岩手の方が花見をしてほしいとアピールしたことも効果あったようです。いい悪いの前に、人が賑わっているのを感じると、何となく安心する。こういう時期だから余計そう感じるのかな。  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 20:27Comments(0)弁護士

2011年04月08日

常磐道

震災後,初めて桜土浦インターより北の常磐道を走った。

当然,交通規制がされていないところは普通に走れるようにはなっているが,震災前にはなかった凹凸があるのは気のせいではないだろう。ものすごく飛ばす人は気をつけた方がいいです。というより,絶対ものすごく飛ばすのはやめた方がいいです。

常磐道といえば,1年くらい前に,対向車線から僕が走っている前に,長い筒状で,先端に火がチチチッとなっている物が2本投げ込まれた。

ダ,ダイナマイトだ!

と思ったら,2本の打ち上げ花火だった。なんて悪質ないたずらだろう。

これで事故になっていたら,何罪になるか考えてみたが,裁判員裁判対象事件にはなるだろうな。  
タグ :刑法

Posted by 弁護士 堀越智也 at 23:38Comments(0)つくば市

2011年04月06日

「復興」

長渕剛さんの「復興」。こんな感じの詩を作った人は,震災以降いなかったですね。

全力を尽くして生きている自信がないと書けないような。

みんな真面目だから,人間が悪いと政府や電力会社を批判したり,自分の危機管理に対する意識を反省したり。自分も昨日,そんな記事を書いたばかりだったな。自然が憎いとは,何となく言いづらい。

それでも自分は,自分を責め,反省して前に進むけどな。熱い気持ちで長渕剛に負けるつもりはないが,・・・目指すところは同じだと信じているから,それでいいのだ。

「親子ジグザグ」から見ているが,久しぶりに感動しました。余計な解説をするのが野暮に思えるくらい感動した。

「復興」は,ホームページにアップしています。

ラヂオつくばにも出るのですね。楽しみにしていよう。  

Posted by 弁護士 堀越智也 at 22:23Comments(0)弁護士
汚染水の放出を近隣の国に伝えなければ,怒られて当然だよな。そんな余裕がなかったり,韓国とは反対側だからという言い訳は通るはずもない。

そもそも原発に対する意識が低すぎたことは,東海村の事故を経験した茨城県民として反省だな。

原発を放置するような問題を先送りにする意識は,日々の生活にいくらでもあるから,その辺から意識を変えていきたい。

まずそうなのは分かっているけど,問題が現実化しないと対処しないなんてこと,子供の頃からいくらでもやってる。ただ,やっぱり人の命にかかわるレベルではやってはいけないよな。命にかかわらなくても,仕事でやってはいかんな。仕事気合い入れて頑張ろう。

・・・今の日本,早くも復興に向けて立ち上がろうとしていること,素晴らしいことだし,誇らしいことだけど,その前に恥ずかしく,悔しいと思わないと,せいぜい中国に抜かれた日本に戻るだけな気がするから,脇が甘かったことを恥ずかしく,悔しいと思う気持ちを形に残しておけないでしょうか。徳川家康が武田信玄に負けたときの肖像画を残しておいたように。  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 22:53Comments(2)政治経済
プロフィール
弁護士 堀越智也
弁護士 堀越智也
つくば中央法律事務所の弁護士堀越智也です。

債務整理(任意整理、破産、再生)、離婚、相続、不動産関係、中小企業及びベンチャー企業の法務及びコンサルティング、交通事故、損害賠償請求その他一般民事全般、著作権,刑事事件を主な業務としています。茨城県弁護士会所属。

筑波大学プラチナアソシエイト・アソシエイトプロフェッサー。

つくば市吾妻1-10-1つくばセンタービル1階。シェーキーズさんのお隣です。                                                    TEL029-896-3530
土日祝日随時相談可。
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人