PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at

2012年08月31日

二の宮まつり

つくば市二の宮に外国人研究者が暮らす二の宮ハウスというマンションがあります。

その二の宮ハウスで開催される多国籍なお祭り。ある意味最もつくばらしいお祭り。

去年は震災の後だったこともあって,福島からも出店される方がいて,いろいろな出会いもあり思い出に残っています。さんまのライスバーガーの香ばしい香りは忘れられません。

しかし,今年は参加できず。本当はブログ更新している場合ではないけど,今頃いい雰囲気なんだろうなと思うと悔しくてブログ更新しました。9月,10月は厳しい日々が続きそうだ。そんなこともつらつら書くと思いますので,よろしく御願いします。  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 19:38Comments(0)つくば市

2012年08月30日

入社1年目の教科書

「入社1年目の教科書」(ダイヤモンド社)という最近平積みになっている岩瀬大輔さんの本を読みました。

実は,この方が司法試験に合格して某司法試験予備校で合格体験を語ってくださった時にお会いしたことがあります。さらに実は,この方と同じ学年なのですが,その当時,僕は「さあこらからどう勉強して合格するかな。」という段階でした。

自分が合格した頃には,彼の背中なんて全く見えなくなっているだろうと思っていたのだけど,こうして本を書いてくれたお蔭で,岩瀬さんの見ている世界に触れることができました。

優秀な人から盗めるものはどん欲に盗みましょう。続編みたいなものも出てますね。  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 22:50Comments(0)弁護士

2012年08月29日

本日のゲスト

本日8月29日(水)20時30分からの「Co-Create Presents つくばのいいね!を見つけよう」(ラヂオつくば)のナビゲーターは,堀越智也です。

牛久を拠点として周辺地域を席巻しつつ,facebook上をも賑わしているちゃんみよをゲストにお呼びしました。ちゃんみよは,「ちゃんみよTV」というUSTREAMの1時間番組をほぼ毎日制作,配信することで地域を盛り上げようと努力しています。そこでは,一票の格差問題なども取り上げていて,自分としては,その辺にも興味がわきました。とても参考になると思われたので,ゲストを御願いした次第です。Co-Create初登場です。

ラヂオつくばは,インターネットでも聴くことができます。

http://radio-tsukuba.net/

是非,お楽しみに!

  

Posted by 弁護士 堀越智也 at 12:55Comments(0)メディア

2012年08月28日

TVとラジオ

Co-Createのラジオ番組の出演をお願いしたら,逆にUSTREAMで放送しているテレビに出させてもらうことになりました。

ラジオの収録をした直後にTV。生放送だったので,もう放送してしまいました。「ちゃんみよTV」です。

USTREAMなので,「ちゃんみよTV」で検索すると見ることができると思います。

ラジオは明日8月29日20時30分から放送です。牛久を拠点に地域を盛り上げようと頑張っているちゃんみよをゲストにお呼びしました。収録中にもファンらしき方から花をプレゼントされる感じで,人気急上昇中です。宜しくお願いします。  
タグ :Co-Create

Posted by 弁護士 堀越智也 at 22:47Comments(0)メディア
8月25,26日はまつりつくばでした。

毎年この時期は,お盆明け間もないせいか,締め切りに終われ,いつもワイシャツの上に法被を着て少しだけ顔を出すだけになってしまう。

今年も25日はそんな感じで参加し,今日26日は6時間半の打合せで全く参加せずに終わりました。

そんな打合せの甲斐があればよいのだ。

あ,今年はねぶたの写真も添付なしか。毎年撮っていたんだけど。  

Posted by 弁護士 堀越智也 at 23:00Comments(0)弁護士
茨城県庁広報監の塩原さんを講師にお招きしました。土浦の勉強会もなんだか高度化というか洗練されてきた感があります。

塩原さんにお持ちいただいた本をぱらぱらと見ていたら,NPOと地域活性化に関する記載があったので思わず「買います!」と言っていました。勉強させていただきます。

第7回の講師は,なんと僕です。土浦の勉強会は,幹事を持ち回りにしているのですが,次回幹事の方の御指名をいただきました。SNSと法律についてとのことです。皆さん,特に諸先輩方,どうかお手柔らかにお願いします。詳しいことは,後日告知致します。

第6回土浦facebook勉強会
  
タグ :facebookNPO

Posted by 弁護士 堀越智也 at 21:22Comments(0)弁護士

2012年08月22日

社会人と英語

地方でこの仕事をしていると,ほとんど英語を使う機会がありません。飲み屋で外国人と意気投合した時が一番使う感じです。しかも,英語圏の人より,韓国,インドなどアジアの方が多く,正しい発音なのかも分からない。

地元で仕事をしていて,TOEIC960点を持っている方を知っているけど,勉強した時間無駄だったとまで言っている。ただ,本音かどうかは分からないですね。

それでも,5年前に某英会話教室で知らないうちにというか,何となくというか,まあ深く考えずに契約書を書いてしまって以来,英語の勉強は続けている。昼ごはん食べた後を勉強時間にして,何とか毎日続けようか思っています。

このまま飲み屋のみの英語で終わるのだろうか。  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 18:15Comments(0)英語

2012年08月20日

ぎりぎりセーフ

ぎりぎりを攻めすぎて肝を冷やすパターン。

冷房,オーディオ,オフにできるもの全てオフにし,かろうじてガソリンスタンドに滑り込んだ。走れメロスの「間に合った」というくだりを思い出しました。

何事も余裕を持って行動する習慣をつけます。特に時間に関しては,10分前行動を取ることで,得られるものがたくさんあると思っています。

0キロ
  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 10:17Comments(0)雑談

2012年08月16日

火車

まだ受験生のころから,友人に何度も読めと言われ続けていた宮部みゆきさんの火車。やっと読み終えた。

1980年代後半あたりに特に問題になっていたカード破産とその人間模様。自己破産の原因が語られていたりするのだけど,バブルがはじけて久しい最近の自己破産の原因とはちょっと違うでしょうね。

1980年代は,就職したての若者がカードでアルマーニのスーツを買いまくって多重債務に陥ったりしていた。最近は,サラ金から借りたお金を返している最中,不景気で仕事がなくなったりだとか,給料が下がったりということが原因となりやすいと思われます。

消費税が上がって,自転車操業で消費税を払っていた会社が苦しくなると,雇用が減って,さらにはその分税収も減って悪循環になるのではないかと心配です。

法律の仕事をしていながら,経済のことを考える時間が多い。Co-Createを通じて何かしらの貢献ができないですかね。  

Posted by 弁護士 堀越智也 at 20:19Comments(0)小説

2012年08月15日

終戦記念日に思う戦争

戦争(第二次世界大戦)から時間が経つにつれて戦争の記憶が薄れることが危惧される。

ただ,日本の薄れる戦争の記憶とは裏腹に,戦争というものに対する実感みたいなものは,歳を取るにつれて増しているような気がするのは錯覚だろうか。その感覚を少し分析してみました。

戦争が再び行われる可能性が高まったと言いたくなりますが,たぶん1番は自分が少しは大人になって,戦争というものがどのようにして起こるのか,どのようなものなのかを知ったからだと思う。

もっとも,やはり憲法9条を改正しようという意見が以前より増えたし,日本の代わりに戦ってくれるとなんとなく日本人が思っていたアメリカを頼りにして大丈夫なのかと思う中で,アジアの国々が力を増してきたこともあると思われる。

韓国で,日本は以前のような国際社会における影響力(国力)はないというような話をされているようです。

戦争は絶対に繰り返してはいけないが,国(というより僕らが住んでいる場所)を守るべく国力をつけるための自分との戦いは終わらせてはいけないと思う。全ての人がそんな戦いをすべきだとは思わないのですが,戦いとは無縁な親愛なる人達や動物達と接すると,子供の頃から,強くならなくてはと思う人間の本能みたいなものが存在する気がします。  
タグ :憲法戦争

Posted by 弁護士 堀越智也 at 03:02Comments(0)政治経済
もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが,夏でもスーツです。
裁判所でネクタイを取っていいですよと言われても取れない。
そして「暑い」という台詞は言わない。

そりゃスーツ脱いでネクタイ取ったほうが楽なのですが,クールビズは自分の中で禁止なので,夏でもスーツとネクタイは欠かせません。

ただ,そういえば,半そでで冷房に当たっていた受験生時代よりも,夏に体調がいいような気がする。少なくとも,自律神経がおかしくなった感は全くない。特に,節電が叫ばれた去年からはそんな実感があります。

暑くて仕事が捗らなければ,無理してクールビズを拒否しても本末転倒ですが,体調のことを考えると,せめて長袖にして直接冷房が当たるのを避けるだけでも違うかもしれないですね。  
タグ :クールビズ

Posted by 弁護士 堀越智也 at 17:59Comments(0)弁護士

2012年08月13日

Time to go

Time to go.
サイは投げられた。
敵は本能寺にあり。

重大なことに関する身の振り方を決めた時の言葉はいろいろあります。周りの友人にもそんな決断をした直後の人生を歩んでいたりするのでしょう。

自分も当然そんな時が来る。

  
Posted by 弁護士 堀越智也 at 02:19Comments(0)弁護士

2012年08月12日

活字中毒とクレジット

最近,活字を読んでいないといらいらするまではいかないけど,読んでいる時間が一番落ち着く。テレビの中でオリンピックの競技が行われているのを感じながら,本を読んでいたり。

直木賞作家の京極夏彦さんも,全く関係のないテレビ番組を見ながら小説を書くそうで,そんなことを思い出して自分を肯定する。

同じく直木賞作家宮部みゆきさんの「火車」を読んでいます。

丸いの赤いカードととともに「クレジット」という言葉ができた年と,ダイナースカードができた年は同じなんですね。1960年,安保の年。  

Posted by 弁護士 堀越智也 at 03:37Comments(0)小説
領土問題,平和的に解決してほしい。

もし憲法9条がなければとっくに軍事衝突になっていたという意見もあれば,日本が軍隊を持っていれば相手に強気に出られずに済んでいたという意見もあるのでしょう。

個人間の土地の境界に関する問題であれば,自力救済は許されず,民事では境界確定訴訟など,刑事では不動産侵奪罪などとして扱うことにより解決することになります。

国家間の争いを平和的に解決する手段として国際司法裁判所があります。日本は国際司法裁判所に提訴することを検討するとのことです。ただ,相手国が国際司法裁判所での解決を拒否すると,裁判での解決はできません。そこが個人間の争いに関する提訴とは違うところです。境界確定訴訟では,裁判所は,境界がどこか分からないという判断をすることが許されず,どこかを境界と定めます。

この国家間と個人間の違い,仕方ないですかね。裁判で決めることが必ずしも平和的解決とは言えないし。  

Posted by 弁護士 堀越智也 at 17:34Comments(0)政治経済

2012年08月09日

ガラケーが一番

スマホでドラクエという話も出ているこの時期に,ガラケーに買い換えた。携帯に対するこだわりは,いまだに電池の持ちだけ。ipadがあれば,スマホはいらないと判断しました。デジカメ風になっているのは,お店の人とパンフレットを眺めていて,一番電池の持ちがいいのがこれだったからです。

正直この判断,正しかったのかいまいち自信がない。今のところ困ることはないし,これからもなさそうなのだけど,なんとなく。この不安は,スマホを知らないことに対する漠然とした不安だと思われる。

そういえば,猪瀬直樹さんが,戦後派であることにコンプレックスがあるというようなことを本に書いていた。それは,戦争を知らないことで何かが見えていないのではないかという漠然とした不安なのでしょう。

けど,無知の知という言葉もあるし,知らないことに不安を感じなくなるよりは,ずっといいのではと思うに至り,自分のガラケーを買ったことによるモヤモヤを肯定する。

ガラケー
  

Posted by 弁護士 堀越智也 at 20:31Comments(0)弁護士
弁護士がどれだけ増えても涼しい顔をしていたいという見栄があるので,滅多に法曹人口問題について書かないのですが,今日は書いてしまいたいと思います。

政府が、司法試験合格者数の目標を2000人に引き下げる方針を固めたそうです。理由はもちろん、弁護士の過剰が問題となったからです。しかし,ここ3年の合格者数を見ると

平成21年が2043人
平成22年が2074人
平成23年が2063人

もう目標達成しているではないか。現状維持ということは,弁護士が増え続けて,問題解決にならないし。

全く同じ趣旨のことを書いている人がたくさんいる中,あえて書いてみました。弁護士で阪神ファンで日本人の人は,悩みが尽きないですね。
  
タグ :司法試験

Posted by 弁護士 堀越智也 at 13:24Comments(0)弁護士
中国のオリンピック選手がそんなことを言っていることが,話題になっているそうです。

それについては,経済発展を遂げたため,オリンピックで国力を誇示する必要がなくなったからという評価もあるようで,その評価に僕は共感します。

日本が国の威信を掛けてまで選手を強化しないのは,同じ理由があるのではないかと思っていました。

ただ,国レベルでオリンピックをどう頑張るかだったり,結果的にどの国がたくさんメダルを獲得するかには,様々な事情がある。だから,ある国のメダル獲得数の根拠を考えてみても,他の国には当てはまらなかったりしておもしろい。

人口が多いと人材が豊富だろうし,民主的でないと国が強引にオリンピック選手を強化できるのだろうし,国民性ってものも影響すると思われる。

僕が,金メダルはたくさんとってほしいけど,国家主導で強引に選手を強化してメダルを量産することまではしてほしくないと思うのは,バスの停留所で1列に並んで待つ僕の国民性が影響しているのではないかと思ってしまいます。

そんな感じで国別メダル獲得数を見ていると,結構勉強になります。暇つぶし!?



  

Posted by 弁護士 堀越智也 at 21:41Comments(0)スポーツ
内村選手金メダル。表彰後のインタビューまで見てしまった。

そんなこんなで睡眠不足ですが,それだけでなく,仕事から帰って風呂に入った後本を読む習慣があって,ジェノサイド(高野和明)という去年出版された小説につかまり,睡眠不足に拍車をかけてしまった。

帯に「世界水準」と書いてあったとおり,知識が広く深く,ストーリーも壮大でありながら細やかでテンポもよく,小説の感想として果てしなく月並みな表現ですが,圧倒されました。

さっき読み終わったので,オリンピックとの併せ技に応戦する夜はおしまい。

  

Posted by 弁護士 堀越智也 at 22:50Comments(0)小説
相続放棄は,亡くなった方の住所地又は相続開始地の家庭裁判所です(家事審判規則99条1条)。
相続開始地というのは,住民票に記載された所とは別の場所(介護施設等)で亡くなった場合のその別の場所等を意味します。

これだけが聞きたい場合,わざわざ弁護士等に相談に行くか迷いますよね。

今日はこの辺で仕事を切り上げて,首都圏支部サミットの準備です。


  

Posted by 弁護士 堀越智也 at 17:50Comments(0)相続
プロフィール
弁護士 堀越智也
弁護士 堀越智也
つくば中央法律事務所の弁護士堀越智也です。

債務整理(任意整理、破産、再生)、離婚、相続、不動産関係、中小企業及びベンチャー企業の法務及びコンサルティング、交通事故、損害賠償請求その他一般民事全般、著作権,刑事事件を主な業務としています。茨城県弁護士会所属。

筑波大学プラチナアソシエイト・アソシエイトプロフェッサー。

つくば市吾妻1-10-1つくばセンタービル1階。シェーキーズさんのお隣です。                                                    TEL029-896-3530
土日祝日随時相談可。
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人