ドラマ国選弁護人で裁判員制度になっていないという記事を書きましたけど、もしかしたら控訴審という設定なのかな。1話を中途半端にしか見ていないので分からないままですが、そうだとしたらごめんなさい。ドラマを作る側とすれば、控訴審という設定にしておけば、裁判員裁判を考えないで済みますね。

ただ、この先裁判員裁判なしでは終わらないのかもしれないですね。このドラマは。よく学園ものの小説を書くことは難しいと小説界では言われていますが(素人目線ではそんなイメージないですけど)、法廷ドラマも大変になってくるのではないですかね。被告人や弁護士、検察官を描写したいのに、見ているほうは、どうしても裁判員の存在が気になりますからね。まあ、陪審制のアメリカも法廷ものはあるから、大変でもないのかな。
裁判員制度が始まったばかりだから気になるだけで、そのうち裁判員裁判でありながら、裁判員はほとんど描写されないドラマがたくさんできるのかもしれないですね。


同じカテゴリー(弁護士)の記事画像
センター広場での誓い
明日から仕事始め
同じカテゴリー(弁護士)の記事
 仕事をしていて一番涼しい場所 (2015-07-28 23:52)
 海の日の記憶 (2015-07-20 23:31)
 大穂庁舎で社会福祉協議会の相談を終えて (2015-05-29 00:52)
 鯉ののぼりではなく,つくばFCののぼりで (2015-05-05 14:03)
 ラーメンと法律 (2015-03-09 02:14)
 自分の布団 (2015-03-03 02:26)
Posted by 弁護士 堀越智也 at 11:47│Comments(0)弁護士
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
弁護士 堀越智也
弁護士 堀越智也
つくば中央法律事務所の弁護士堀越智也です。

債務整理(任意整理、破産、再生)、離婚、相続、不動産関係、中小企業及びベンチャー企業の法務及びコンサルティング、交通事故、損害賠償請求その他一般民事全般、著作権,刑事事件を主な業務としています。茨城県弁護士会所属。

筑波大学プラチナアソシエイト・アソシエイトプロフェッサー。

つくば市吾妻1-10-1つくばセンタービル1階。シェーキーズさんのお隣です。                                                    TEL029-896-3530
土日祝日随時相談可。
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人